柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  ヒゴスミレ

 ヒゴスミレ 肥後菫 スミレ科スミレ属

ヒゴスミレ花
 <撮影:2017年4月>

ヒゴスミレ花
 <撮影:2017年4月>

ヒゴスミレ花
葉と距はこんな感じ <撮影:2012年5月>

花の雰囲気はエイザンスミレにも似ているが、本種は葉がずっと細く、ほぼ5裂するので、そこをみれば違いははっきりしている。
 花はくっきりとした白色で、中心部がやや緑がかっており、清潔感がきわだつ。まれに紅紫色の花もあるそうだ。

 実は、知人の庭にこれが咲いていたので、聞いてみると、亡くなった夫さんが随分昔にどこからかいただいてきたものがずっと咲き続けているのだそうだ。平野のまちなかにこんなスミレがあるのは珍しいとあれこれ語っていたら、後日、花の終わったそのスミレを鉢に入れて分けてくれた。
 冬のいまは地上部が消えているが、これから春になって、芽を出し、花を咲かせてくれるだろうか。いまからちょっとドキドキしている。

<参考文献>
『山渓ハンディ図鑑6 日本のスミレ』(写真・解説/いがりまさし 山と渓谷社)
「上州花狂いの植物散歩」(Website)

<記事 2019年2月6日>

#