柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 > フクジュソウ

HOME | 植物の部屋

フクジュソウ   福寿草   キンポウゲ科フクジュソウ属

フクジュソウ
保護されている自生地で。<撮影:2014年2月> フクジュソウ
この花には雪が良く似合う。これは園芸種。
<撮影:2008年2月>

自生地は少ない

フクジュソウと言えば、早春の花の筆頭格である。
 あちこちの家の庭にも咲いているから、実にありきたりの花に思えるが、そのほとんどは栽培用に育てられてきた園芸品種で、自生となると、めったに出会えるものではない。
 去年、植物観察の師匠であるK氏からある山の中の自生地行きを誘われたのだが、他の用事が重なっていて、せっかくのチャンスをフイにしてしまい、残念でならない。

いじらしく、そしてたくましく

この花の姿が最も魅力的なのは、茎がほとんど伸びず、土の上でじかに咲いているように見える時だろう。寒さに耐えて咲くいじらしさ。それでいて、あざやかな黄色い花弁をパラボラアンテナのように広げて陽の光を精いっぱい取り込もうとしている姿には、たくましささえ感じる。これによって、花の中心部を温め、花粉を運んでくれる虫に居心地のいい場所を提供していると考えられている。
 日本のフクジュソウは、最近4種に分けられているそうである。フクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ、シコクフクジュソウがそれだ。私はフクジュソウ以外の種をまだ見たことがない。

<参考文献>
『日本の野生植物 草本』(佐竹 義輔/平凡社)
「植物図鑑・撮れたてドットコム」(いがりまさし/Website)
<記事 2014年3月1日>

#