柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  リンドウ

リンドウ  竜胆  リンドウ科リンドウ属

リンドウ
 <撮影:2016年9月>

リンドウ
長々と寝そべっている <撮影:2016年9月>

秋、ちょっとした山道を歩くと、この花によく出会う。
 同じリンドウ科のエゾリンドウやオヤマリンドウは、どちらかといえば湿った感じの平坦な場所で、頭の方にたくさんの花をつけて、重みに耐えながらすっくと立っている。
 それに比べるとリンドウは、横着者である。たいてい登山道わきに寝そべっている。うっかり踏みそうになってこちらが「やあ、ごめん、ごめん」などと恐縮させられる。
 花の重さに耐えきれないのなら、そんなに大きな花をたくさんつけなくてもいいだろうと思う。そこはリンドウさんにはリンドウさんの考えがあるのだろうが、それについては何も語ろうとはしない。

 花は日が当たっているときだけ開く。それも花筒の上の3分の1くらいだから、これに哀歓を感じる人もいるようで、リンドウをうたった歌にはそんな雰囲気が漂っている(「りんどう峠」という島倉千代子の歌を思い浮かべている、そういう年の私です)。
 色はふつう青紫色をしているが、ごく稀に白花や紅花もあるそうである。残念ながら、私はまだお目にかかっていない。

<参考文献>
「上州花狂いの植物散歩」(Website)
『山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花』(写真/平野隆久 編・解説/畔上能力 山と渓谷社)

<記事 2017年3月22日>

#