柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  シラユキフモトスミレ

シラユキフモトスミレ  白雪麓菫  スミレ科スミレ属

シラユキフモトスミレ
 <撮影:2013年4月>

シラユキフモトスミレ
 <撮影:2013年4月>

シラユキフモトスミレ
 <撮影:2014年5月>

フモトスミレの白花品(品種)。フモトスミレはあちこちの山にあるので特別珍しいものではないが、こちらはなかなかめぐり合うことはできない。この写真も植物観察の師匠であるK氏のお導きによるものである。
 花は白色。フモトスミレも白色なのだが、唇弁にややつよい紫条があり、唇弁全体がなんとなく紫色のように見える。これに対してシラユキフモトスミレは唇弁に紫条がないので、全体的に白くて、文字通り無垢な白い雪という感じ。葉の表面は有毛で、緑色〜暗緑色、裏面は淡紫色を帯びる。
 小さい花なので、知らなければ気づかないようだ。同じ道を歩いていたハイカーは、足を止めることもなく通り過ぎて行った。

<参考文献>
「上州花狂いの植物散歩」(Website)

<記事 2018年2月25日>

#