柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  シロバナヒナスミレ

シロバナヒナスミレ  白花雛菫  スミレ科スミレ属

シロバナヒナスミレ
 <撮影:2017年4月>

シロバナヒナスミレ
 <撮影:2013年4月>

ヒナスミレの白花品。
 植物観察の師匠であるK氏に教えていただいたものだ。ヒナスミレはいろいろなところにあって、特に珍しいものではないが、これが白花となれば、そうそうどこにでもあるものではない。それだけにこれを教えてくれたK氏の声からして、小さくて秘密めかしたところがあった。
 だからといって、森の奥深く分け入ったわけでもないのが面白いところである。「そんな希少なスミレがこんなところにあっていいの!?」てな感じ。
 上の写真は、純白だが、空向きに咲いているものもあり、形も整っていない。
 下の写真は、距にほんのり赤紫が乗っており、タチツボスミレの例にならえば「オトメヒナスミレ」とでも呼びたいようなタイプだ。

<参考文献>
「上州花狂いの植物散歩」(Website)

<記事 2018年3月20日>

#