柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 > シロバナノハラアザミ

HOME | 植物の部屋

シロバナノハラアザミ   白花野原薊   キク科アザミ属

シロバナノハラアザミ
<撮影:2014年10月> シロバナノハラアザミ
周囲には紅紫色のノハラアザミが<撮影:2014年10月>

植物についていつもたくさんのことを教えてくださる「上州花狂いの植物散歩」(Website)氏から、別の用件のメールに添えてこのアザミの写真が送られてきた。そのとき私が「こんな清楚なアザミを一度みてみたいものだ」と書き送ったのを覚えていてくれて、先日、「上州…」氏がこの花の咲いているところに連れて行ってくれた。
 小さな丘のうえにそれは咲いていた。一帯は紅紫色のノハラアザミ(これが普通)の群落で、そのなかに点々と10株ほど、頭花の真っ白な花があった。
 根生葉があり、その中軸が赤みを帯びている。総苞片は少し斜め上に開き、粘らない。当然のことだが、ノハラアザミの特徴をちゃんと備えている。ただ、花の色だけが白いのだ。
 それだけで、ぐっと雰囲気が変わる。清楚であるが、それに加えて、近寄りがたいような、ある種の妖しい魅力さえただよわせている。
 風の強い日だったが、なんとか苦心してその姿を写しとめることができた。

<参考文献>
(Website)「上州花狂いの植物散歩」

<記事 2014年11月6日>

#