柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 > シロツリフネ

HOME | 植物の部屋

シロツリフネ   白釣舟   ツリフネソウ科ツリフネソウ属

シロツリフネ
<撮影:2010年9月> シロツリフネ
撮影時(同上)は株数も結構あったのですが…。

ある山の湖の周りで花探しをしていた時、偶然に出会ったのがこの花だ。低山でも数多く目にすることができるツリフネソウの花は紅紫色だが、この花は赤い斑点があり、花弁の一部がわずかに赤味を帯びているとはいえ、全体の印象は白花である。

おお珍しい、と思ったが

このとき初めて目にしたものだから、珍しいものかと思っていたら、ネット検索でも結構ヒットする。いわゆる「あるところにはある」という類のもののようだ。それにしても、私自身はこの場所以外では見たことがないので、まあ、それなりに珍しいものとしておこう。
 ツリフネソウについては、花の咲く形が面白いので、一時、見つけるたびに夢中でシャッターを押していた。だから、私の植物データの中で、赤と黄色のツリフネソウの写真はやたらに多い。いまでも、見つけるとどうしても気になって、同じような写真を何度もとってしまう。

ツリフネソウの品種

シロツリフネは、葉のわきから斜めに立ち上がった花柄の先に花がつくので、葉より上で咲くことや距の先がクルッと丸まることなど、キツリフネよりは紅花のツリフネソウに近いようだ(学名も、ツリフネソウの品種の位置づけになっている)。ちなみに、キツリフネは葉の下で花が咲き、距は丸まらない。
<参考文献>
「上州花狂いの植物散歩 失われゆく植物を求めて」(Web site)
<記事 2013年9月23日>

#