柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  スズメウリ

スズメウリ  雀瓜  ウリ科スズメウリ属

スズメウリ雌花
花の下に子房がついている <撮影:2017年9月>

スズメウリ雄花
こちらは雄花 <撮影:2017年9月>

スズメウリ実
熟した果実 <撮影:2017年10月>

スズメウリ実
若い果実 <撮影:2017年9月>

カラスウリの実に比べればほぼ5分の1くらいか。明らかに小さい。大きなカラスに小さなスズメ、実に言いえて妙の命名である。と思っていたら、果実をスズメの卵に見立てたという説もあるようだ。こちらも熟して真っ白になった独特の姿をよく表しているので、どちらの説もアリだねえ。
 秋の藪にこの白い球を見つけると、なんとも楽しくなる。
 花もまた面白い。とくに雌花。果実の先に残っているのかと思ったら、「果実」はまだ子房の段階だから、これが通常の花の姿なのだ。カラスウリのように夜咲くわけではないので、観察は楽である。

<参考文献>
『日本の野生植物 草本U』(佐竹・大井・北村・亘理・冨成編 平凡社)
『山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花』(監修/林弥栄 写真/平野隆久 山と渓谷社)

<記事 2017年11月6日>

#