柊老人のほろ酔い人生 > 植物との出会いの部屋 >  テンニンソウ

テンニンソウ  天人草  シソ科テンニンソウ属

テンニンソウ
まるでブラシのような花姿 <撮影:2010年10月>

テンニンソウ
 <撮影:2010年10月>

テンニンソウ
全体 <撮影:2016年10月>

この植物を最初に見たところが観光植物園だったので、なんとなく外来植物のような印象を持ち続けていたのだが、実際は日本の固有種だった。
 自生している所を見たのは、つい昨年の秋。栃木県の県立公園の中で、薄暗い渓流沿いに生育していた。すぐには名前が浮かんでこなかったのだが、案内してくれた観察指導員に教えてもらって、「ああ、そういえば以前、植物園でみたことがあった」と思い出した次第である。
 シソ科の中では大柄で、派手な花をつける植物だ。
 花序は長い穂状になっており、そこに筒形でやや唇形の花冠がびっしりとついている。花の中からは、長い雄しべが精いっぱい突き出てくる。1花あたりの雄しべの数は4本と、特に多いわけではないのだが、花冠の数が多いため、まるでブラシだ。

 名前がなんとなくいわくありげで、気になっているのだが、これまで調べた限りではそのいわれについて触れている文献はない。
 何かわかったら、この項に追加したい。

<参考文献>
『日本の野生植物 草本V』(佐竹・大井・北村・亘理・冨成編 平凡社) 「三河の植物観察」(Website)

<記事 2017年1月31日>

#